明晴ニュース
RSS2.0
明晴学園 一期生の宮坂七海さんが下記の番組に出ることになりました。 Eテレろうを生きる難聴を生きる「オリンピックを目指すろうのクレー射撃選手」 放 送:2021年4月17日(土)午後8:45~午後9:00再放送:2021年4月23日(金)午後0:45~午後1:00 https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/1711/
ETV特集 静かでにぎやかな世界~手話で生きるこどもたち~ がNHKティーチャーズライブラリに登録され、全国の小学校・中学校・高校の授業で視聴利用できるようになりました。 多くの学校でご利用いただければ幸いです。 https://www.nhk.or.jp/archives/teachers-l/list/id2021010/  
The Conversation誌に掲載された、アメリカの3人の研究者による『人工内耳をしても手話が必要なわけ』という記事を紹介します。The Conversation誌は、2011年にオーストラリアで始まった研究者と編集者がタッグを組んだニュースメディアで、信頼性が高いとして知られる雑誌です。 2歳児とお母さんがイギリス手話で会話をする可愛い動画(日本語字幕付き)もあります。ぜひ、ご覧ください。 (原文) https://theconversation.com/amp/why-sign-language-is-vital-for-all-deaf-babies-regardless-of-cochlear-implant-plans-142956?__twitter_impression=true&s=06 -------------------- (訳文) 「もっと」の手話を学んでいるところJGI/Jamie Grill via Getty Images   ろうの赤ちゃんに人工内耳でも手話が不可欠なのはなぜか2020年8月31日キンバリー・A.・ウォルバーズ、リーラ・ホルコム、クリスティナ・バーンハルトテネシー大学 自分たちの生まれたばかりの赤ちゃんが聴覚検査で聞こえないとわかった時、クインとカイは取り乱しました。小児科医は人工内耳というものがありますよと言ってふたりを安心させました。人工内耳は、体外と体内、つまり耳の後ろに着け...
3月26日に、難聴児の早期発見・早期療育推進のための基本方針作成に関する検討会、第1回が行われ、明晴学園の玉田理事が有識者等のヒアリングでプレゼンしました。 資料は厚生労働省のホームページに掲載されています。 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17626.html   明晴学園から提示、説明した資料はこちらです。 04-2 玉田氏説明資料_s.pdf 04-2 玉田氏補足資料_s.pdf