教育相談

聞こえない子、聞こえにくい子(ろう児、難聴児)のご家族、関係者の方は、いつでも明晴学園にご相談ください。子育てや教育についての相談や、見学を受け付けています。

人工内耳をお考えの方にも、手話を勧めています。
音によってことばを覚えるのがむずかしい場合は、はじめから手話を使いましょう。音によることばと、手話を同時に与えても、赤ちゃんが混乱することはありません。手話がないより、あったほうが赤ちゃんははるかに健全な発達をとげます。

最新の言語習得論は、人工内耳にも手話は必要だと考えています。 人工内耳の手術をするまでのあいだは、手話を中心にしましょう。

人工内耳をしないという方にも、手話を勧めます。手話はいつでも、赤ちゃんのたいせつなことばになります。手話によって赤ちゃんは、聞こえる子とおなじ言語発達をとげることができます。

聞こえない、聞こえにくい赤ちゃんや幼児の言語習得と子育ては、明晴学園にご相談ください。ご相談の窓口は、明晴学園事務室です。

ご相談はこちらから

明晴学園事務室

平日の午前9時から午後5時までにお電話をください。メールやファックスでの問い合わせも受け付けています。土日祝日、学校休業日はメールでご連絡いただければ後日お返事をさしあげます。

 TEL:03−6380−6775 

 FAX:03−6380−6751 

 

メールフォームから相談する