明晴ニュース
RSS2.0
明晴学園 一期生の宮坂七海さんが下記の番組に出ることになりました。 Eテレろうを生きる難聴を生きる「オリンピックを目指すろうのクレー射撃選手」 放 送:2021年4月17日(土)午後8:45~午後9:00再放送:2021年4月23日(金)午後0:45~午後1:00 https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/1711/
ETV特集 静かでにぎやかな世界~手話で生きるこどもたち~ がNHKティーチャーズライブラリに登録され、全国の小学校・中学校・高校の授業で視聴利用できるようになりました。 多くの学校でご利用いただければ幸いです。 https://www.nhk.or.jp/archives/teachers-l/list/id2021010/  
The Conversation誌に掲載された、アメリカの3人の研究者による『人工内耳をしても手話が必要なわけ』という記事を紹介します。The Conversation誌は、2011年にオーストラリアで始まった研究者と編集者がタッグを組んだニュースメディアで、信頼性が高いとして知られる雑誌です。 2歳児とお母さんがイギリス手話で会話をする可愛い動画(日本語字幕付き)もあります。ぜひ、ご覧ください。 (原文) https://theconversation.com/amp/why-sign-language-is-vital-for-all-deaf-babies-regardless-of-cochlear-implant-plans-142956?__twitter_impression=true&s=06 -------------------- (訳文) 「もっと」の手話を学んでいるところJGI/Jamie Grill via Getty Images   ろうの赤ちゃんに人工内耳でも手話が不可欠なのはなぜか2020年8月31日キンバリー・A.・ウォルバーズ、リーラ・ホルコム、クリスティナ・バーンハルトテネシー大学 自分たちの生まれたばかりの赤ちゃんが聴覚検査で聞こえないとわかった時、クインとカイは取り乱しました。小児科医は人工内耳というものがありますよと言ってふたりを安心させました。人工内耳は、体外と体内、つまり耳の後ろに着け...
3月26日に、難聴児の早期発見・早期療育推進のための基本方針作成に関する検討会、第1回が行われ、明晴学園の玉田理事が有識者等のヒアリングでプレゼンしました。 資料は厚生労働省のホームページに掲載されています。 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17626.html   明晴学園から提示、説明した資料はこちらです。 04-2 玉田氏説明資料_s.pdf 04-2 玉田氏補足資料_s.pdf  
各国のろう者団体を統括する国際的な非営利団体であり、自然手話の地位向上、教育、情報、人権など、ろう者の社会における完全平等を目指して活動や会議を行っている世界ろう連盟(World Federation of the Deaf,WFD)が、今年で70周年を迎える記念として、国際ウェビナー「インクルーシブ教育」が1月28日に行われ、明晴学園も登壇しました。そのときに発表した動画が、世界ろう連盟のインスタグラムやfacebookで紹介されました。 インスタグラムhttps://www.instagram.com/tv/CLJrCgvoHp4/?igshid=zxbhsglmxoqb フェイスブックhttps://www.facebook.com/Wfdeaf.org/videos/3597873510267749  
ろうを生きる 難聴を生きる「手話放送ミックス授業編・前編/後編」※字幕スーパー 明晴学園の子どもたちと聞こえる子どもたちとの交流授業 NHK Eテレ 2020年6月26日(金) 午前10時25分 〜 午前10時40分 アンコール放送2020年6月26日(金) 午前10時40分 〜 午前10時55分 アンコール放送 https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/1292/https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/1296/ Eテレで話題となったドラマ「昔話法廷」。「さるかに合戦」をモチーフに、カニの親子を殺した猿が法廷で裁かれる。この番組の手話放送を元に、ろうの子どもたちと聞こえる子どもたちがミックス授業!前編では、初対面の様子から、子どもたちが、それぞれの言語(手話と日本語)を知り、違いを超えてコミュニケーションしていく様子を伝える。後編では、手話通訳を介した話し合いに挑戦!同じ小学6年生同士、それぞれの言語(日本手話と日本語)で、自分の考えを伝え合います。
本年度は「人工内耳か手話か」から「人工内耳も手話も」へ、というテーマでオンラインでのシンポジウムを7月11日(土)開催します。 聴覚障害児に対する早期支援で活躍が期待される全国の言語聴覚士の方々や、実際に聞こえない・聞こえにくいお子さんをお持ちの保護者の方々もご自宅から参加できますので、ぜひ、ご視聴ください。 ※使用言語:音声日本語、日本手話 ※通訳がつきます。 ■テーマ「人工内耳か手話か」から「人工内耳も手話も」へ~ろう児・難聴児の言語と概念を育てる~ ■開催日時と参加方法 日時:2020年7月11日(土) 13:00-15:00   https://www.meiseigakuen.ed.jp/setting/event/symposium      
ブログ
2020/05/26
パブリック
6月1日からの学校再開に向けて  校内における感染症対策について、子ども向けに説明した動画を作成しました。 プリントについては保護者向け専用ページに掲載しています。合わせてご覧ください。 どうぞよろしくお願いします。   明晴学園における感染症対策について   
新型コロナウイルス感染症の拡大防止にともなう臨時休校については、こどもの成育・学習活動に大きな影響を与えています。つきましては、その影響を軽減するためにも、明晴学園での家庭学習支援およびオンライン校の取り組み状況について、簡単ですが以下にご紹介します。 ①保護者向けメール連絡(開封確認)を活用した、家庭学習支援およびオンライン校に関わる各種連絡②保護者向け専用ホームページを活用した、教材、学習課題の配布や動画配信(手話動画等)③テレビ会議・電話を活用した、ホームルーム、オンライン授業の取り組み(オンライン校としての取り組み) ■幼稚部の取り組み動画と一緒にたくさん遊ぼう!臨時休校中、毎日たくさんの動画を配信しています。それを見ながら、子どもたちが工作をしたり手話リズムをする様子の動画や写真がたくさん送られて来ます。お友だちの動画を見るのも楽しみのひとつです。オンライン授業も始まっています。 ■小学部の取り組み毎日、顔を合わせて手話で話します!各家庭のインターネット環境を調査してオンラインが整った学年からZoomを使ったオンライン授業を開始しています。まずは、午前の始めの会、午後の終わりの会を学...
ブログ
2020/04/30
パブリック
新聞掲載
明晴学園が2月末に臨時休校になった翌日から 子どもたちの手話環境を守るために手話動画を配信していることについて、 共同通信より取材を受け、秋田、京都、四国、山陰の新聞に掲載されました。 ぜひご覧ください。   202004秋田さきがけ新聞.jpeg 202004四国新聞.jpeg 202004京都新聞.pdf 202004山陰中央新聞.pdf  
ブログ
2020/04/13
パブリック
アメリカろう学校校長先生のジェフ氏が去年の11月に明晴学園を訪問した時の動画(日本語字幕つき)をジョエル氏からいただきました。ぜひご覧ください。https://video.deafnation.com/nobarriers/nb-asia/nb-japan/japan-  
ろうを生きる難聴を生きる 「新型ウィルス ろう者・難聴者は今」 休校の間の家庭学習支援として始めた、明晴学園の動画配信の様子などが 他のところの状況などと合わせて放映される予定です。ぜひご覧ください。    <日時> 2020年3月21日(土)午後8時45分~9時 再放送 2020年3月27日(金)午後0時45分~1時 https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/1314/
1月号の明晴だよりでもお知らせした通り、明晴学園小学部6年生と一般小学校6年生の交流や手話をつけた「昔話法廷」について話し合う様子が、前編と後編の2回にわたって放映されます。ぜひご覧ください。   Eテレ「ろうを生きる 難聴を生きる」   ●2月22日(土) 午後8時45分~午後9時  再放送 2月28日(金) 午後0時45分~午後1時 「手話放送ミックス授業編~前編」   ●2月29日(土) 午後8時45分~午後9時 再放送 3月6日(金) 午後0時45分~午後1時 「手話放送ミックス授業編~後編」    前編の内容がNHKの「ろうを生きる難聴を生きる」のホームページに載っています。 https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/1292/
明晴学園第1期生の宮坂七海さんが、今週土曜の「炎の体育会」にテレビ出演します! ぜひご覧ください。 2019年度JOCジュニアオリンピックカップ(クレー射撃) トラップ種目 優勝   TBS体育会TV 放送日2月8日(土曜日)18:55~21:00 TBS 炎の体育会TV★ヒロミ&加藤浩次が本気クレー射撃決戦&春日が日本一へ★ ▼ヒロミ&加藤浩次が超本気クレー射撃決戦vs「耳が聞こえない…」ジュニア王者 番組ホームページ https://www.tbs.co.jp/taiikukaitv/ https://twitter.com/taiikukaitv/status/1225322900128878593
ETV特集「静かでにぎやかな世界~手話で生きる子どもたち」が、日本賞 ユニセフ賞 — 困難な状況下にある子どもの生活や境遇についての理解を促す優れた作品 を受賞しました。一般向け部門優秀賞も受賞しました。 受賞式の様子が、12月28日(土)14時~ Eテレで放送されます。 日本賞 審査結果 https://www.nhk.or.jp/jp-prize/more/ まるごと見せます!世界の教育コンテンツ https://www.nhk.or.jp/jp-prize/topics/20191213.html    
ブログ
2019/12/12
パブリック
本・雑誌掲載
ダイバーシティ(多様性)をテーマにしたウェブマガジン「ココカラー」に掲載いただきました。 これからの社会のキーワードとして、ますます重要視されていく、”ダイバーシティ”(多様性)をテーマに、電通ダイバーシティ・ラボ(DDL)が運営するウェブマガジン。 コピーライターが見た、手話という言語。手話という文化 https://cococolor.jp/meisei
ブログ
2019/10/17
パブリック
TV放送
ETV特集「静かでにぎやかな世界~手話で生きる子どもたち~」がBSプレミアムで再放送されます。 [BSプレミアム]  ザ・ベストテレビ2019 第一部 2019年10月20日(日) 午後0:00~午後4:30(270分) 午後1:06ごろ~文化庁芸術祭賞・ギャラクシー賞「ETV特集 静かで、にぎやかな世界」(NHK) http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-10-20&ch=10&eid=17696&f=3688 この1年、国内の主なテレビ番組コンクールで最高賞を受賞したNHKと民放のドキュメンタリーを2日にわたり放送する。【出演】森達也、梯久美子、ヴァージル・ホーキンス出演者ほか【司会】三宅民夫,千葉美乃梨,【ゲスト】森達也,梯久美子,ヴァージル・ホーキンス 「第一部」10月20日(日)午後0:00~4:29(4時間29分) ▽午後0:06ごろ~地方の時代・映像祭賞「菜の花の沖縄日記」(沖縄テレビ放送)▽午後1:06ごろ~文化庁芸術祭賞・ギャラクシー賞「ETV特集 静かで、にぎやかな世界」(NHK)▽午後2:25ごろ~民放連賞テレビ報道番組「葬られた危機」(名古屋テレビ放送)▽午後3:28ごろ~民放連賞テ...
ブログ
2019/10/16
パブリック
イベント案内
11月16日(土)に明晴学園の文化祭である千神祭が行われます。事前申し込みが必要なので、関心のある方はお申し込みください。《千神祭》