明晴ニュース

明晴ニュース

テレビ放映(再放送)のお知らせ Eテレ「手話放送ミックス授業編・前編/後編」

ろうを生きる 難聴を生きる「手話放送ミックス授業編・前編/後編」※字幕スーパー

明晴学園の子どもたちと聞こえる子どもたちとの交流授業

NHK Eテレ

2020年6月26日(金) 午前10時25分 〜 午前10時40分 アンコール放送
2020年6月26日(金) 午前10時40分 〜 午前10時55分 アンコール放送

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/1292/
https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/1296/

Eテレで話題となったドラマ「昔話法廷」。「さるかに合戦」をモチーフに、カニの親子を殺した猿が法廷で裁かれる。この番組の手話放送を元に、ろうの子どもたちと聞こえる子どもたちがミックス授業!前編では、初対面の様子から、子どもたちが、それぞれの言語(手話と日本語)を知り、違いを超えてコミュニケーションしていく様子を伝える。後編では、手話通訳を介した話し合いに挑戦!同じ小学6年生同士、それぞれの言語(日本手話と日本語)で、自分の考えを伝え合います。

バイリンガル・バイカルチュラル・シンポジウム2020のご案内

本年度は「人工内耳か手話か」から「人工内耳も手話も」へ、というテーマでオンラインでのシンポジウムを7月11日(土)開催します。

聴覚障害児に対する早期支援で活躍が期待される全国の言語聴覚士の方々や、実際に聞こえない・聞こえにくいお子さんをお持ちの保護者の方々もご自宅から参加できますので、ぜひ、ご視聴ください。

※使用言語:音声日本語、日本手話 ※通訳がつきます。

■テーマ
「人工内耳か手話か」から「人工内耳も手話も」へ
~ろう児・難聴児の言語と概念を育てる~

■開催日時と参加方法

日時:2020年7月11日(土) 13:00-15:00

 

https://www.meiseigakuen.ed.jp/setting/event/symposium

 

 

 

学校での新しい生活様式

6月1日からの学校再開に向けて 

校内における感染症対策について、子ども向けに説明した動画を作成しました。

プリントについては保護者向け専用ページに掲載しています。合わせてご覧ください。

どうぞよろしくお願いします。

 

明晴学園における感染症対策について

  

明晴学園での臨時休校中の家庭学習およびオンライン校の取り組み

新型コロナウイルス感染症の拡大防止にともなう臨時休校については、こどもの成育・学習活動に大きな影響を与えています。
つきましては、その影響を軽減するためにも、明晴学園での家庭学習支援およびオンライン校の取り組み状況について、簡単ですが以下にご紹介します。


①保護者向けメール連絡(開封確認)を活用した、家庭学習支援およびオンライン校に関わる各種連絡
②保護者向け専用ホームページを活用した、教材、学習課題の配布や動画配信(手話動画等)
③テレビ会議・電話を活用した、ホームルーム、オンライン授業の取り組み(オンライン校としての取り組み)

■幼稚部の取り組み
動画と一緒にたくさん遊ぼう!
臨時休校中、毎日たくさんの動画を配信しています。それを見ながら、子どもたちが工作をしたり手話リズムをする様子の動画や写真がたくさん送られて来ます。お友だちの動画を見るのも楽しみのひとつです。オンライン授業も始まっています。

■小学部の取り組み
毎日、顔を合わせて手話で話します!
各家庭のインターネット環境を調査してオンラインが整った学年からZoomを使ったオンライン授業を開始しています。まずは、午前の始めの会、午後の終わりの会を学年ごとに20分ずつと質問タイムも30分です。始めの会では、その日の課題を説明し、終わりの会では課題を見せ合うなど一日の自宅学習の振り返りを行っていきます。

■中学部の取り組み
学習の遅れをつくらない!
臨時休校になってからGmailでの課題提出、ZoomでのオンラインHRを行ってきましたが、家庭学習をより一層充実させていくために、5月11日から「明晴学園 中学部 オンライン校」をスタートしました。朝と帰りのHR、教科学習(手話・日本語・英語・数学・社会・体育・市民科)を行います。

■明晴プレスクールめだかの取り組み
お子さまの言語環境とご家族のためにできるだけの支援を目指して、4月13日(月)から在宅支援を行っています。
①テレビ電話等による、お子さんとご家族の健康管理や相談支援(絵本読み、折り紙遊び、パネルシアター、課題あそび など)
②配信する手話動画の効果の確認や解説など(動画:絵本読み、手話リズム、工作、ミニ勉強会/手話教室 など)


■詳細について
ホームページトップの新着情報《オンライン校》にて詳細について情報発信しております(実際に授業で配信したものの一部)詳細はこちら

■ご支援のお願い
このように明晴学園では職員一同、こどもの成育・学習活動に取り組んでおります。皆様のご支援をお待ちしております。
詳細はこちらまでお問合せください。

新聞掲載(動画配信の様子について)

明晴学園が2月末に臨時休校になった翌日から

子どもたちの手話環境を守るために手話動画を配信していることについて、

共同通信より取材を受け、秋田、京都、四国、山陰の新聞に掲載されました。

ぜひご覧ください。

 

202004秋田さきがけ新聞.jpeg

202004四国新聞.jpeg

202004京都新聞.pdf

202004山陰中央新聞.pdf

 

テレビ放映のお知らせ Eテレ「ろうを生きる 難聴を生きる」

ろうを生きる難聴を生きる

「新型ウィルス ろう者・難聴者は今」

休校の間の家庭学習支援として始めた、明晴学園の動画配信の様子などが

他のところの状況などと合わせて放映される予定です。ぜひご覧ください。 

 

<日時>

2020年3月21日(土)午後8時45分~9時

再放送 2020年3月27日(金)午後0時45分~1時

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/1314/

テレビ放映のお知らせ Eテレ「ろうを生きる 難聴を生きる」

1月号の明晴だよりでもお知らせした通り、明晴学園小学部6年生と一般小学校6年生の交流や手話をつけた「昔話法廷」について話し合う様子が、前編と後編の2回にわたって放映されます。ぜひご覧ください。

 

Eテレ「ろうを生きる 難聴を生きる」

 

●2月22日(土) 午後8時45分~午後9時

 再放送 2月28日(金) 午後0時45分~午後1時

「手話放送ミックス授業編~前編」

 

●2月29日(土) 午後8時45分~午後9時

再放送 3月6日(金) 午後0時45分~午後1時

「手話放送ミックス授業編~後編」

 

 前編の内容がNHKの「ろうを生きる難聴を生きる」のホームページに載っています。

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/1292/

テレビ放送 TBS炎の体育会TVに卒業生の宮坂七海さんが出演

明晴学園第1期生の宮坂七海さんが、今週土曜の「炎の体育会」にテレビ出演します!

ぜひご覧ください。

2019年度JOCジュニアオリンピックカップ(クレー射撃) トラップ種目 優勝

 

TBS体育会TV
放送日2月8日(土曜日)18:55~21:00 TBS
炎の体育会TV★ヒロミ&加藤浩次が本気クレー射撃決戦&春日が日本一へ★
▼ヒロミ&加藤浩次が超本気クレー射撃決戦vs「耳が聞こえない…」ジュニア王者

番組ホームページ https://www.tbs.co.jp/taiikukaitv/

https://twitter.com/taiikukaitv/status/1225322900128878593

日本賞受賞 静かでにぎやかな世界~手話で生きる子どもたち 

ETV特集「静かでにぎやかな世界~手話で生きる子どもたち」が、日本賞 ユニセフ賞 — 困難な状況下にある子どもの生活や境遇についての理解を促す優れた作品 を受賞しました。一般向け部門優秀賞も受賞しました。

受賞式の様子が、12月28日(土)14時~ Eテレで放送されます。

日本賞 審査結果 https://www.nhk.or.jp/jp-prize/more/

まるごと見せます!世界の教育コンテンツ https://www.nhk.or.jp/jp-prize/topics/20191213.html

 

 

ウェブマガジン「ココカラー」に掲載いただきました

ダイバーシティ(多様性)をテーマにしたウェブマガジン「ココカラー」に掲載いただきました。

これからの社会のキーワードとして、ますます重要視されていく、”ダイバーシティ”(多様性)をテーマに、電通ダイバーシティ・ラボ(DDL)が運営するウェブマガジン。

コピーライターが見た、手話という言語。手話という文化 https://cococolor.jp/meisei

再放送10月20日 ETV特集「静かでにぎやかな世界」

ETV特集「静かでにぎやかな世界~手話で生きる子どもたち~」がBSプレミアムで再放送されます。

[BSプレミアム]  ザ・ベストテレビ2019 第一部
 2019年10月20日(日) 午後0:00~午後4:30(270分)
 午後1:06ごろ~文化庁芸術祭賞・ギャラクシー賞「ETV特集 静かで、にぎやかな世界」(NHK)

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-10-20&ch=10&eid=17696&f=3688

この1年、国内の主なテレビ番組コンクールで最高賞を受賞したNHKと民放のドキュメンタリーを2日にわたり放送する。【出演】森達也、梯久美子、ヴァージル・ホーキンス出演者ほか【司会】三宅民夫,千葉美乃梨,【ゲスト】森達也,梯久美子,ヴァージル・ホーキンス

「第一部」10月20日(日)午後0:00~4:29(4時間29分)

▽午後0:06ごろ~地方の時代・映像祭賞「菜の花の沖縄日記」(沖縄テレビ放送)
▽午後1:06ごろ~文化庁芸術祭賞・ギャラクシー賞「ETV特集 静かで、にぎやかな世界」(NHK)
▽午後2:25ごろ~民放連賞テレビ報道番組「葬られた危機」(名古屋テレビ放送)
▽午後3:28ごろ~民放連賞テレビ教養番組「拉致と言えなくて」(テレビ金沢)

 

速報!ETV特集「静かでにぎやかな世界」がイタリア賞を受賞

ETV特集「静かで、にぎやかな世界~手話で生きる子どもたち~」がイタリア賞「シグニス特別賞」を受賞しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190928/k10012102961000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_009
 

ろう学校舞台のNHK番組 「イタリア賞」の特別賞に
2019年9月28日 7時34分 

世界のすぐれたテレビやラジオの番組に贈られる「イタリア賞」で、NHKが制作した、ろう学校を舞台に耳が聞こえない子どもたちの交流をナレーション無しで描いたETV特集の番組が特別賞を受賞しました。

「イタリア賞」は、テレビやラジオの番組を対象にした世界で最も権威ある国際コンクールの1つで、71回目のことしは、合わせて273の作品の応募がありました。

授賞式は27日、イタリアのローマで行われ、審査の結果、NHKが制作し、去年5月に放送したETV特集「静かで、にぎやかな世界~手話で生きる子どもたち~」が人間の尊厳を高めることに貢献した番組に贈られるシグニス特別賞を受賞しました。

この番組は、全国で唯一手話だけで授業を行う東京都内のろう学校を舞台に、子どもたちの日常をナレーションを使わずに描いたものです。多くのろう学校が社会に適応するため、手話ではなく発音練習などの教育を重視してきたなか、子どもたちが手話を使って生き生きと交流する姿を映し出しています。

授賞理由について審査委員長は「見た人を耳の聞こえない人たちの世界に強く引き込む番組である。手話と字幕を通じて子どもたちが耳が聞こえないというみずからのアイデンティティーを肯定し、それが将来の希望につながっていることを深く理解できた」としています。

この番組はことし5月に、国内のすぐれた番組などに贈られる「ギャラクシー賞」でもテレビ部門で大賞を受賞しています。

(NHK-NEWSより)

10/12(土)乳児オープンキャンパスについて

10月12日(土)に今年度2回目の乳児オープンキャンパスがあります。元気になるイベントをたくさん用意しています。皆様のご参加、お待ちしております。
→台風接近による影響を考慮し、中止とさせていただきます。

学校公開・教員志望者説明会のお知らせ

台風のため中止になった9月9日の学校公開と教員志望者説明会は、
10月28日(学校公開11:00~、教員志望者説明会13:10~)
に実施します。詳しくは下記をご覧の上、お申込みください。
皆様のご参加をお待ちしています。

【学校公開申込】
【教員志望者説明会申込】

学校公開・教員志望者説明会の中止のお知らせ

台風15号により、9日は始発から運転を見合わせるところが出ており、児童生徒および参加者の皆様の交通上の安全を考慮して、学校は休校、学校公開と教員志望者対象説明会は中止にします。

どうぞよろしくお願いします。

 

教員志願者を対象とした学校説明会の開催について

明晴学園で教えてみませんか?
「教員志望者を対象とした学校説明会」

明晴学園(東京都品川区)は日本で唯一、手話と日本語のバイリンガルろう教育を行っている学校です。幼稚部から中学部までのろうの子どもたちが日本手話で学んでいます。
授業、学校行事、職員会議などすべてが手話で行われ、いつでもどこでも手話があります。そんな職場環境の中で、ろうの子どもたちの教育に携わってみませんか?
教員を目指している方、および明晴学園で教えることに関心のある方を対象に、下記の通り、説明会を開催します。ご参加をお待ちしています。

詳細はこちら
お申込みはこちら